「儲かる」

dwayneandduane_1
FXにおける勘違いというと、「儲かる」があります。
ですが、これは特に大事なFXにおける勘違いなので注意をしましょう。
まず、FXと言うのは全く儲かりません。
儲かっているのは一部の人のみです。
実際にFXをされている人の大半として7割ほどは、まともな利益がでないでFXをやめてしまうそうです。
これがFXの現実。
そして、FXにおいて重要なのは、先ほどのマネックスFXにおける勘違いと言うのは3ヶ月ほどまでで発生しやすいと言う事。
なので、3ヶ月も経過すると利益を獲得されている人も多いので、利用する価値がある情報であるのも確かです。
例えば、3ヶ月間はデモ口座を使いながら、「トレードを学ぶ」のに使われてみるのも良いでしょう。
デモ口座はデモンストレーションによるトレードの事なので、どこのFX業者であってもデモ口座と言うのは作れますし無料です。
また、最大のレバレッジによるハイリスク・ハイリターンを学べますので、実際にFXでは儲けるのが難しいと言う事を多く学べるでしょう。

FX初心者はドルを主軸に

日本円というものを別枠として考えた場合、FXで特にスタンダードになるのは、ドルという通貨になります。
特に米ドルに関してはこれは世界中の通貨の指針になるような価値を持っていますから、これを主軸に考えるというのは、当然と言えるでしょう。
dwayneandduane_2
ちなみにこのような世界中の通貨の基軸になっている通貨のことを、キーカレンシーと呼びます。

FXのことをまだまだ知らない方は、まず日本/円と米/ドルの取引から始めてみるのが良いとされています。
FXなどを行なっていく内に、独自の情報収集ルートなどを発見していくため、情報収集が出来るような通貨ペアで徐々に勝負出来るになりますが、初心者の内は、とにかく他の国の通貨価値を把握することは難しいものです。

例えば今現在の英/ポンドが日本円でいくらというものをパッと言える人がいるでしょうかという話です。
ニュースなどでも、その番組の最後に株価と共に報道されるのは、ドル/円の情報がほとんどですよね。
つまりは、独自の情報ルートを持たない方でも、ニュース番組などで情報集取をすることが比較的簡単であるというのが、ドルのメリットと言えるでしょう。
ですからFX初心者の方は、情報収集などがしやすく、安定していて予想がしやすいドルを主軸に考えていきましょう。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報